News相続放棄①

離婚等家庭の事情により、長年音信不通だった親族が亡くなり、ある日突然債権者から相続人にであるあなたに請求しますと、亡き親族の債務の請求がきた、といった相談が時々あります。

この場合の対等としては、

相続放棄(民法915条)の申述受理の申立を家庭裁判所にする。

又は

相続の承認(負債も含め、故人の遺産を引き継ぐ。他に相続人がいれば遺産分割協議など)

となります。

相続放棄する場合でも、遺産の調査に時間がかかる等必要な場合には家庭裁判所に熟慮期間の伸長を申し立てます。認められれば本来の期間より少し長く調査をする時間の余裕ができます。

よくあるご質問として、冒頭のような手紙で初めて亡くなったことを知った場合、亡くなってから3か月以上経過しているが相続放棄はできるのか、というものがあります。

民法915条では、「相続の開始があったことを知った時から」3か月以内に相続放棄しなければならないと規定しています。

これは死亡したときから、ではないので、具体的に亡くなったことを知り、かつある程度遺産の範囲について知悉したときから開始しますので、冒頭のケースのような場合は問題なく相続放棄ができます。

上記と異なり、亡くなって遺産分割協議等も完了した後に思わぬ債務が有ったというような場合は相続放棄ができない可能性がありますのでご注意ください。

ブログ内検索

カレンダー

2022年9月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

Keywordよく検索されるキーワード

Lawyer弁護士紹介

後藤貞和弁護士の写真
弁護士後藤 貞和Sadakazu Goto

『あなたがあなたらしくいられる場所へ。』

弁護士は話を聞く仕事です。だから、お話をすることをためらわないでください。

弁護士として「解決策」をご提案することもありますが、決してそれを強要したりはしません。倫理観を伝えたり、共有することはありますが、倫理的な評価を下すようなことはしません。

なぜなら、弁護士がかかわる瞬間は、その依頼者様にとっての「終着駅」ではないからです。弁護士は、依頼者様が「幸せ」という終着駅にたどり着くために、時に道を照らし、時に道を掃除する「道先案内人」だと考えています。

「あなたがあなたらしくいられる場所」へ。

ぜひ、弁護士・後藤にご相談ください。

所属弁護士会 仙台弁護士会
経歴 2014年 弁護士登録

Office事務所概要

名称 弁護士法人後藤東京多摩本川越法律事務所 弁護士 後藤 貞和
所在地 〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町2-10-26 旭コーポラス一番町A303
電話番号 022-796-7037
FAX 022-796-7038
営業時間 平日 9:30~20:00 事前予約で時間外対応可能
定休日 土曜・日曜・祝日 事前予約で休日も対応可能
備考 初回電話相談無料/WEB面談(chatwork等)対応可能